アドバンテージDX

アドバンテージDXで女をオトす!胸熱な媚薬

ホルモンの重要な役割

役割

オキシトシンとは、9個のアミノ酸できているペプチドホルモンとなり、神経の働きを司る中枢の働きをしている中枢神経と呼ばれる場所で神経伝達物質としての作用があると考えられており、従来までは女性だけのものと考えられてきましたが、最近の研究では男性に対しても普遍的に存在していると考えられ、男性や女性の性器に対する愛撫、または抱擁などの皮膚と皮膚の接触あるいは性行為による性的な刺激によっても分泌されることから、【愛のホルモン】と呼ばれることがあります。
そのため媚薬効果もあると考えられ、体内に取り込むことで人に魅力を与えることや、初めて対人関係を気づく上で重要な役割を果たしてくれるとも考えられている一方で、恐怖心や争いごとをしなくなる物質とも考えられているため、男女間で使用することでより深い仲になることができるとも考えられており、関係構築の上でも大きな役割を果たしてくれます。
オキシトシンは脳の中心である視床下部から分泌され、神経部に位置する脳下垂体後脳に一度貯蔵されてから分泌されます。
脳内にある視床下部は自律神経と呼ばれる交感神経や副交感神経の機能や脳から内分泌される分泌物などの量を全体的に調整を行っている場所になり、食べ物を食べる摂食行動や飲料を飲んだり水を求める飲水行動、性的な欲求を満たすための性行動、そして毎日欠かすことができない睡眠行動など人の三大欲求と言われる人には欠かす事の出来ない本能的な行動や不安や怒りや喜びなどの喜怒哀楽などの感情の部分の行動も感じ取る働きがあると言われています。
媚薬としての働き以外にも、医学的に使用されることもあり女性のものとして考えられてきたため分娩を誘発させる効果や他にも乳房の中にある筋繊維を収縮させることによって母乳の分泌を促す働きもあるとされています。
非常に重要な神経伝達物質の1つであり、特に女性には必須のものであると言われていおり大切なホルモンの1つであると考えられています。